FilmFeed

映画についてしゃべくります。

The Edge of Seventeen

邦題「スウィート17モンスター」(2016) 監督: ケリー・フレモン・クレイグ 主演: ヘイリー・スタインフェルドウディ・ハレルソン、ブレイク・ジェンナー

 

f:id:seiyha13:20170618220122j:image

 

全米では2016年11月18日、日本では2017年4月22日に公開。大分では6月18日に公開…f*ck!!

 

思春期真っ只中の17歳の高校生ネイディーン。唯一の親友であるクリスタと幼少期からずっと一緒に過ごしてきた。しかしあろう事かクリスタがネイディーンの兄ダリアンと付き合うことに。親友と兄の両方を失ったネイディーン。そして母親とも疎遠になってしまい友達のいないネイディーンは1人だけ取り残されてしまう…10代ならではの抱えるさまざまな問題をコメディタッチで描く。

 

第74回ゴールデングローブ賞ではこの作品で主演のヘイリースタインフェルドが主演女優賞で見事ノミネート!おめでとう!!!

 

オンラインで半年くらい前に一回観て、めちゃくちゃ面白かったから日本公開ないかな〜と思ってたらまさかの決定ですごい盛り上がった!んだけど、、公開が遅すぎる…大分に至っては6月に公開…待ちくたびれた。

 

f:id:seiyha13:20170618221658j:image

 

これが今日購入したパンフレット。

意外と小さくて男が買うにはなかなか勇気がいりました…(笑)でも中身はこの作品の雰囲気をすごく捉えててセンス抜群の出来だった!

 

そんで改めて観るとやっぱり面白かった。こんな質の良い青春コメディ映画もなかなか無いかと。ロッテントマトが95%のFreshを出したのも納得!

 

f:id:seiyha13:20170618222051j:image

 

まずは主役のヘイリー!!!

可愛すぎる!!!やっぱりナチュラルメイクのヘイリーが一番可愛く見える!口も態度もめちゃくちゃ悪いけど、でもどこか憎めない感じが上手〜く表現できてた。今は歌手としても活動してるけど女優としても流石。この作品にヘイリーをキャスティングした人は凄い!コメディとしての役もこれでだいぶ広がったかな〜。

 

そしてもう1人。もちろん出ている皆が素晴らしい演技だったんだけどウディハレルソンはやっぱり良かった!シリアスからコメディまで色んな作品に出てるまさにベテラン個性派俳優!ヘイリーとの相性もバッチリでした。

 

f:id:seiyha13:20170618222736j:image

 

トーリーはもうホント最高!!笑って笑って最後にはウルっと来る完璧すぎる脚本!監督は脚本も手掛けたそう。凄いな〜。次回作にも期待。

 

正直イタイ女子なんです。ネイディーンは。「周りとは違って私はCOOLだから」みたいに斜に構えて物事を見てる。それが行き過ぎたせいで周りは遠ざかっていくし、挙げ句の果てには家族とまでも疎遠になっていく…

自分だけが悲劇のヒロインだと思い込んでしまい、どうにかしようとするが不器用な彼女にはなかなかそれを乗り越えることが出来ない。だけども徐々にネイディーンがまだ気付いていなかった周りの人の小さな配慮とか優しさとかが分かってくる。(自分と重なる所が山ほどあった 笑)

 

f:id:seiyha13:20170618223917j:image

 

要はこの作品、誰にでもありえる、または経験したことのあるあの頃のイタイ思い出や苦い経験。それを繊細でしかも重くないコメディタッチで描いているんです。つまり今すぐに観るべきなんです!!!

これから思春期を迎える中高生が観ても良し、思春期を終えた20代、30代が観ても楽しめる。さらに上の親世代が観ても「今我が子はこんな思いなのかな〜」とか色々考えさせられる作品だと思います。実際に作中でも、終盤でネイディーンの母親のちょっとした成長も描かれてました。

 

f:id:seiyha13:20170618224431j:image

 

どの世代が観ても楽しめる、大袈裟じゃなくて結構マジメに“21世紀最大の青春映画の傑作”だと思います!ホントに面白い!是非劇場で!!!

 

広告を非表示にする