読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FilmFeed

映画についてしゃべくります。

FRUITVALE STATION

邦題「フルートベール駅で」(2013) 監督: ライアン・クーグラー 主演: マイケル・B・ジョーダン、オクタビア・スペンサー

 

f:id:seiyha13:20170215011304j:image

 

 2013年に全米で公開。日本では2014年3月に公開。

ライアン・クーグラーと聞いてまず思い浮かぶのがあの大傑作「CREED」間違いなく生涯ベストに入る作品でした。クリードについても今度また語ろうとは思います…

 

が!今回は!そのクリードの一つ前に彼が監督、脚本を手がけた作品。それがこの「フルートベール駅で」(彼の長編映画デビューの作品でもある)

クリードとは対照的にこれは実話に基づいた、実際に起こった事件。

2009年の元旦。アメリカ、サンフランシスコのフルートベール駅のホームで1人の警官が1人の青年を射殺。この日に至るまでの青年の数日間を描く。

 

f:id:seiyha13:20170215012204j:image

 

この作品、決してひと事じゃない。

若干22歳の無防備な青年を、あろうことか警察官が殺してしまうという何とも理不尽な出来事。彼には小さな娘も。

 

人種差別、社会格差、色んな差別がもたらす結果がこの悲惨な事件に繋がった。強く訴えかけてくるものがあった。命の重さを再認識できます。

 

https://youtu.be/AwfExUyJLNw

↑実際のニュース

 

そして作り方も秀逸。

ライアンクーグラーはやっぱり才能ある。彼もデイミアンチャゼルと同様、これから映画界を牽引していく素晴らしい監督になってくれそう。

 

f:id:seiyha13:20170215013413j:image

※製作にはあのフォレスト・ウィテカーも参加しているらしい。

 

とにかくまずは観て!感じて!

こんなに残酷な話はない、けどこれがリアル。やるせない気持ちでいっぱいになるけど観てください。観終わったらまた誰かに教えてください。